2008年05月20日

バッハも関心を持っていたアルビノーニの器楽曲

ヨハン・ゼバスティアン・バッハが非常に関心を持っていたというアルビノーニの器楽曲。

ヴェネツィアのトマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニは、イタリア・バロック音楽の作曲家です。

『アルビノーニのアダージョ』は特に有名ですが、後世に他人によって再構成された作品で、実際はオリジナルではないにもかかわらず、最も馴染み深い「バロック音楽」となっています。

アルビノーニは50曲ほどのオペラを作曲し、そのうち20曲が1723年から1740年にかけて上演されましたが、こんにちでは器楽曲、とりわけオーボエ協奏曲が最も有名です。

バッハは、アルビノーニの主題によるフーガを少なくとも2曲遺しており、しかも、しばしば学生の和声法の実習において、アルビノーニのバス課題をよく利用したそうです。

残念なことに、アルビノーニ作品のほとんどは、第二次世界大戦中のドレスデン空襲の際に失われてしまいました。

名高い『アルビノーニのアダージョ ト短調』は、1945年にレモ・ジャゾットがドレスデン国立図書館の廃墟の中で偶然に発見した、トリオ・ソナタの緩徐楽章の断片から「復元」されたものと言われています。

音楽的魅力溢れたこの作品は、しばしばオーケストラの重要なレパートリーになっており、またクラシック音楽入門に適した曲目としてよく演奏され、愛聴されています。

その上、しばしば他の楽器に編曲されたり、テレビ番組や映画・CMのBGMに転用されるほど有名になりました。


【関連する記事】
posted by suzusuzu at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作曲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97345999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。