2008年02月15日

多くの人びとに刺激を与え続けるバッハの作品

ヘンデルやテレマンを含めた多くの作曲家は、作曲するにあたって、曲の大まかな形を記すにとどめ、演奏家はそれに複雑な装飾を加えるなどして演奏していたそうです。しかしバッハは、比較的細部まで楽譜に記した点で特徴的と言えます。

彼の遺した作品とそこに用いられた技法は、いわば西洋音楽のエッセンスを凝縮したものと言うことができるでしょう。

現代においてもなお新鮮さを失うことなく、ポップスやジャズに至るまで、あらゆる分野の音楽に応用され、多くの人びとに刺激を与え続けています。

例えば、『トッカータとフーガ』、原曲はオルガンですが、いろんな分野の演奏家が挑戦しています。
レオポルド・ストコフスキー編曲、チェコフィルハーモニー管弦楽団。ジャズピアニストのジャック・ルーシェの「プレイバッハ」。シンセサイザーでウェンディ・カルロスの「スイッチト・オン・バッハ」。そして、琴のみやざきみえこ。

みやざきみえこの琴とEDISONの尺八はとても新鮮で良かったですね♪
このように、編曲、楽器、指揮者、演奏者によって、新たな輝きを見せるバッハの奥深さ、幅の広さ、素晴らしさを実感するものでした。

posted by suzusuzu at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84117950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。