2008年02月01日

バッハの平均律って、一体何でしょう?

心を落ち着けるためにバッハの平均律をしばしば好んで弾いたというショパンですが、そのバッハの平均律って、一体何でしょう?

それは、平均律クラヴィーア曲集 (Das wohltemperierte Klavier 独)(全2巻、第1巻 BWV846‐BWV869、第2巻 BWV870‐BWV893)のことで、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの鍵盤作品を代表する曲集です。

古ドイツ語の原題Das wohltemperierte Clavier は、鍵盤楽器(=クラヴィーア)のための長短24調による48の前奏曲とフーガ。

この"Clavier"(クラヴィーア)とはドイツ語で「鍵盤楽器」という意味で、一般にはピアノを意味します。
ただし、バッハの時代にはまだピアノは普及しておらず、当時はチェンバロ、クラヴィコード、ときとしてオルガンも含めた「鍵盤楽器全般」を意味したそうです。

ベートーヴェンのソナタがピアノの新約聖書と称されるのに対し、このバッハの平均律クラヴィーア曲集はピアノの旧約聖書と称されます。音楽史上もっとも重要な作品群ということです。

原題の"Wohltemperiert(e)"は一般に「平均律」と訳されていますが、正しくは「程よく調律された」という意味。
バッハが当時意図した調律法はヴェルクマイスター(シャープやフラットが4個以下の調ではミーントーンに、シャープやフラットが5個以上の調では純五度でピタゴラス音律に近くなる)であったと推測されています。

バッハ以前にも何人かの作曲家が多くの長短調を駆使した作曲を試みていて、中でもヨハン・カスパール・フェルディナント・フィッシャーの「アリアドネ・ムジカ」は、20の調による前奏曲とフーガを含んでおり、バッハがこれを参考にしたとの説もあるそうです。

ショパンの「24の前奏曲」や、ショスタコーヴィチの「24の前奏曲とフーガ」は、このバッハの曲集に触発されたものだとのこと。

1977年、グレン・グールド演奏による同曲の録音が、人類を代表する文化的作品として、ボイジャーのゴールデンレコードにいれられて宇宙にうちあげられたというのもまた面白いですね♪

この2機のボイジャー探査機に搭載されたレコードには、東洋や西洋のクラシックを含む様々な文化の音楽が選ばれ、90分間の電子データに収められたそうです。中には日本の尺八もありました。

posted by suzusuzu at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | クラシックを楽しむQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ギター・マガジン 地獄のメカニカル・トレ
Excerpt: 他の地獄シリーズに比べると本自体は薄いですが、DVDが付いてる点がうれしいです。著者がギター講師なだけあって、説明もわかりやすいです。実際に見てみるとわかると思いますが、内容的には 第一章・・・フィン..
Weblog: ゆめの日記
Tracked: 2008-02-02 00:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。