2008年01月31日

「近代音楽の父」偉大なる大バッハ

ショパンに影響を及ぼしたというバッハとモーツァルト。
まずは、バッハを見ていきましょう。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは、18世紀に活動したドイツの作曲家。「近代音楽の父」と称される巨匠です。

一般に「バッハ」といえば彼を指すのですが、バッハ家一族は音楽家
だったので、その他のバッハと区別するために通常J.S.バッハと表記されます。また古くからバッハ家でもっとも偉大であるという意味で大バッハと呼ばれることもあります。

バッハ一族は、ドイツ中部テューリンゲン地方で代々音楽を生業とした大一族だったんですね。2世紀半の間に約60人の音楽家を輩出し、遺伝学の研究対象とされたこともあるそうです。

ただし、当時はまだ貴族の子は貴族、農民の子は農民、というように身分が固定されており、職業音楽家の家系は職業音楽家以外の選択肢があまりなかった、という事情もあったようです。

現在のクラシック音楽の一流演奏家は、名声とそれに見合うような収入を得るいわゆる名士ですが、彼の時代の音楽家はむしろ十把ひとからげで扱われる楽器担当の召使いのような存在だったそうです。

それにしても、2世紀半の間に約60人の音楽家を輩出というのはものすごいですね。私も音楽家の一族の中に生まれていたら人生違ったかなあ…なんて思いながら、偉大なるバッハの偉大なる音楽に耳を傾ける毎日です。

posted by suzusuzu at 11:59| Comment(0) | TrackBack(1) | バッハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 近代音楽近代音楽(きんだいおんがく)は、西洋のクラシック音楽において20世紀初頭ごろから第二次世界大戦の終わりまでの音楽を指す。それ以降の音楽は現代音楽と呼ばれるが、本稿で扱う近代音楽に対しての現代音..
Weblog: オーケストラ!
Tracked: 2008-02-05 15:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。