2008年03月10日

古典派3大巨匠の一人、神童モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは最も有名なクラシック音楽の作曲家の一人であり、また、ハイドン、ベートーヴェンと並ぶウィーン古典派3大巨匠の一人。

オーストリアの都市であるザルツブルクに生まれ、ウィーンで没しました。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷室内作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長など。

作品総数は、断片も含め700曲以上に及びます。作品はあらゆるジャンルにわたり、声楽曲(オペラ、教会用の宗教音楽、歌曲など)と器楽曲(交響曲、協奏曲、室内楽曲、ピアノソナタなど)のどちらにも多数の作品が残されています。

最初は父経由でヨハン・ショーベルトなどの当時のヨーロッパで流行した作曲家たちの様式を、クラヴサン曲を中心に学びました。その後ヨハン・クリスティアン・バッハの影響をピアノ・管弦楽曲の双方で受けました。

後期に入るとハイドンとヨハン・ゼバスティアン・バッハの影響を強く受けます。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多いのですが、これは、当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれます。

モーツァルトが主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えたということです。


posted by suzusuzu at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | モーツァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。